不動産ビジネスの戦略的情報を配信します

03-5877-3994

受付時間 / 9:00~18:00

WEBお問合せ

Column

コラム

内見者が物件探しで気になることは?
2019/01/11
空室対策

内見者が物件探しで気になることは?

空室対策では最新設備の取入れやリフォーム等で物件の差別化等を実施し、
不動産仲介業者さんも紹介しやすい物件となり、
内見の数を増やす事も基本といえるかもしれません。

 

しかし、内見の数を増やした上で
そもそも実際に内見をした時に「この家に住みたい!」
と思ってもらう必要があり、

 

少なくとも、立地や条件を度外視して「この家はちょっと、、、、」
と思われないように努力をする必要があります。

 

 

空室対策でハードとソフト、どちらを改善するか


ハード

・建物
・設備

インターネット無料回線や最新設備等の導入で良くするか、
外観をリフォームし、見た目をよくすることで改善が可能です。

物件そのもののグレードがあがるので即効性が期待でき、
一気に改善される可能性はありますが、
もちろん費用は発生します。

 

ソフト

・思考
・気遣い

お金をかけなくても、考え方一つで改善可能です。

内見者をおもてなしするという考え方で十分に
対応をすることができます。

費用をかけなくてもできることはありますし、
印象もガラリとかえることができます。

 

 

内見者が気になる部分は?


今回は、ソフトの部分に焦点をあてましょう。

 

極端な例ですが、

■玄関周りは草ボウボウ
■ポストには投げ込みチラシが詰まっている
■ドアを開いても内見者用のスリッパがない
■なのに、床はホコリだらけ
■窓辺には虫の死骸が転がっている
■お風呂を開けばやはり虫の死骸、蜘蛛の巣
■敷地には壊れた自転車と埃のかぶった車のタイヤが数本
■このタイヤ誰のですか?え!?大家さんの、、、!?

 

このような事象が発生しないように、管理会社様に相談するのはもちろんですが、
オーナー様自身もいける距離であれば

最低でも「月1回」は物件に通った方が好ましいです。

 

無理に費用をかけなくても
少しの考え方、気遣いで物件の印象を変える事ができるかも
しれませんので、工夫をして空室対策を実施していきましょう。

 

空室対策特設サイト>>>“インターネット無料化”は当たり前!?

 

無料カタログ請求・ご質問はコチラ

お電話受付時間 / 9:00~18:0003-5877-3994