不動産ビジネスの戦略的情報を配信します

03-5877-3994

受付時間 / 9:00~18:00

WEBお問合せ

Column

コラム

建物のデッドスペースを活用して空室対策

建物のデッドスペース を活用して空室対策

今回や建物や土地の空いているスペースを活用した
空室対策・利回り改善方法についてです。

 

 

空いているスペースに物置の設置


物置、いわゆるトランクルームを設置する事によって、
トランク付き賃貸とすることで空室対策につなげることができます。

トランクルームがある物件は希少です。
分譲マンション以外はほとんど設置されていない状況です。

現在、トランクルームに荷物を置く人は増えてきており、
入居者にとって収納問題は賃貸を借りる上で大きな悩みの一つでもあります。

 

 

入居者の収納問題を解決!


トランクルームが設置されていて収納問題を解決してくれる物件は、
毎月5,000円弱レンタルトランクルームを払っている人からすれば、
実質家賃の値下げにもつながります。

しかも、トランクルーム業者とは違い、
物件以外の外に車や電車で行く必要もないのです。

このような設備を無料で利用していただくことで
空室対策に繋げることができます。

 

 

さらに、利回り改善にも活用可能!!


無料で入居者にトランクルームを活用していただく事はもちろんですが、
貸し出す」ことで収益を得る事も可能です。

仮に利用料を月額2,000円でも取れれば、
3年以内には初期に投資した費用は回収可能です。

費用が掛かっても使いたい人は多いですし、
トランクルーム付き物件とうたうことも可能となりますので
物件の魅力もアップさせる事ができます。

 

 

利回り改善事例


物置設置事例

 

例:物置利用で利用料金を入居者から得る
物置(大):月額利用料 2,000円
物置(中):月額利用料 1,500円
物置(小):月額利用料 1,000円

「先着順です!残り大1台、中1台、小1台!」等と
書く事で販促を促すことも可能です。

今回の事例の場合は全ての物置が埋まれば、
月額9,000円の収益を生みます。

つまり、年間で108,000円
10年で108万円の利益増加を見込むことができます。

 

空室対策でお困りのオーナー様はぜひダンゴセレクトまで
お問合せ下さいませ。

 

空室対策特設サイト>>>“インターネット無料化”は当たり前!?

 

無料カタログ請求・ご質問はコチラ

お電話受付時間 / 9:00~18:0003-5877-3994