不動産ビジネスの戦略的情報を配信します

03-5877-3994

受付時間 / 9:00~18:00

WEBお問合せ

Column

コラム

ビズアナオーナーで空室対策・収益改善
2019/01/30
空室対策 業務効率

ビズアナオーナーで空室対策・収益改善

こんにちは!CBITの庄山です。
これまで管理会社様向けの記事が多かったのですが、
2月にオーナー様向けの新サービスをローンチすることもあり、

『ビズアナ オーナー』 https://www.o.biz-ana.com/

本日はオーナー様向けのコラムとなります。

主に、

・複数棟物件を保有されているようなオーナー様
・複数区分所有されているようなオーナー様

このような方向けに、
データ分析の方法についてお話ししていこうと思います。

 

保有物件の把握、皆さんはできていますか!?


こんな経験ありませんか?
「ひとたび空室になると、埋まるまでに3ヶ月以上かかっている」
「後で知ったが、似たような物件なのに周辺物件よりも10%以上安く契約していることを知った」
「賃料相場が上がっているような気がするのに賃料収入が比例して増やせていない」

勿論、サブリースの場合は契約もあるのでこの限りではありませんが、
自主管理や部分管理で運営されているオーナー様は、
多かれ少なかれ、このような事を感じられたことがあるのではないでしょうか。

 

 

収支報告書を眺めて終わりになっていませんか!?


以前からあるオーナー様を中心に情報交換させて頂いているのですが、
その中のお一人の方は、かなり成功されている方のようで私も勉強になる事が多いのです。

お聞きしていると、やはり複数棟保有するようになってくると、
効率的に物件の状況を把握する事が重要!という事がお話していて分かります。
(当たり前の話しなんですが…)

でも、この当たり前を出来ていない方が実に多いと。
「逆に成功している人は、これがしっかりできている方ばかりです」
という言葉が記憶に残っています。

ですが、これをやるには簡単ではないとも仰っていました。

そもそも、オーナー様向けの「空室対策セミナー!」とか「収支改善セミナー!」なんて、
この手のセミナーやイベントがいつも盛況なのはこの裏返しでしょう。

 

 

簡単でない理由。どうやって分析している?


理由は明白なのですが、面倒くさいんですよね(苦笑)
何が面倒臭いって、分析するには収支報告書だけみてもダメ。

過去も含めて、継続的に見ていく必要があるのに、振り返りたいなら別のもので管理しないといけない。
今月と先月の収支報告書だけならまだしも、更にその前もとなると紙では限界ですよね。
傾向すら読み取るのも大変ですし、なにより手間だし面倒くさい。

私がお話しを伺っていたオーナー様に、どう管理・分析しているかお話しをお聞きしたところ、
ExcelやAccessにデータを転記し、式やマクロを駆使して傾向分析しています、と仰っていました。

毎月この作業が面倒なので、一定の棟数に達したら、
この部分は、今は人を雇ってデータを入れてもらい、
自分は分析に専念していると仰っていました。

この方は、かなりしっかり分析されている部類に入るのでしょうが、
それでも、この方曰く「私の周りでは多少の差はあれど、これぐらいやっている人ばかりですよ」
との事でした。

やはり複数棟も所有している方は違う!!

 

 

そんなオーナー様のためのサービス


さて、そんな忙しいオーナー様の経営分析を、
もっと簡単に!もっと楽に!できるサービスとして
来週ローンチする新サービスです。

『ビズアナ オーナー』 https://www.o.biz-ana.com/

 

 

今までにない分析サービスと言える理由!


『ビズアナ オーナー』をお勧めできる理由が3つあります。

1.オーナー様はデータ入力などの手間をなくし分析に集中できること
2.周辺の賃料相場などもビズアナ オーナーで判断できること
3.ビズアナ オーナーを利用すれば、収支報告書も管理できること

☑1について

分析しようと思うと、他のシステム、例えば、
Excelやデータベース機能があるAccessなどにデータ打ち換えてから分析する必要があります。
これが先ず不要になります。
※これを1枚の絵にするとこのようなイメージです

 

多くのオーナー様の賃貸経営分析は・・

 

それが、『ビズアナ オーナー』を使うとこうなります。
オーナー様は収支報告書を送るだけです。
つまり経営分析にだけ集中できる環境が整います。

 

ビズアナオーナーを使うとこうなります!

 

 

☑2について

賃料査定のサービスは管理会社に任せるか、
もしくは他サービスを利用される場合、これは別途サービスが必要になります。
賃料査定サービスなどですね。

『ビズアナ オーナー』なら、ビッグデータを取得し本サービス内で、
周辺物件の賃料相場などを同サービス内でそのまま利用できます。

☑3について

『ビズアナ オーナー』を利用していくだけで、
過去の収支報告書はクラウドサービス上で保管されていきます。
分析データとしては勿論、電子ファイルとしても保管されます。

オーナー様が経営分析に集中できる環境と言えるのではないでしょうか。

 

 

物件分析と傾向分析をアプリ一つで可能に!


『ビズアナ オーナー』だとこれが全てこのアプリ一つでできるようになります。
なにより、収支報告書を送るだけで分析サービスを利用できるようになる手軽さです。

機能は10シートありますが、
オーナー様が「パッと」見て、物件の収支と空室を把握できる 『オーナーダッシュボード』
毎月の稼働状況とその賃料を把握できる 『稼働状況』の推移シート
管理会社への支払い状況を把握できる 『支出分析』シート
周辺賃料の相場状況を把握できる 『ビッグデータ』の各種シート
主にこのような機能をご用意しております。

※参考に幾つかのシートを載せておきます。

 

主な分析機能のご紹介

 

 

機能は順次拡充していく計画で、
収支報告書以外の情報をエントリー頂けるようなオーナー様には、
オーナー様の資産状況をシミュレーションできるような機能も検討中です。

検索はGoogleやYahooで「ビズアナオーナー」と検索していただくか、

こちらのURLをご参照下さい。 https://www.o.biz-ana.com/

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

※当コラムは株式会社CBIT執行役員 庄山幸一様より寄稿いただきました。

 

 

無料カタログ請求・ご質問はコチラ

お電話受付時間 / 9:00~18:0003-5877-3994